FC2ブログ

メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

≫ EDIT

シャッター アイランド

シャッター アイランド (2010年04月09日公開 監督: マーティン・スコセッシ 原作:デニス・ルヘイン)
俺:29歳

iconicon
   観てきました

  →映画「シャッターアイランド」公式サイトはこちら

  では、
  観る前の心境
  観てる最中の心境
  観終わった直後の心境 と、
  観終わって数時間後の心境 を・・・






選択制で・・・

※観た人がより楽しめるよーに感想書いてます

≫ Read More

キーワード:シャッターアイランド 映画 洋画 小説 

| .2006年-2010年 ●洋画 | 2010年05月18日 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ( 1998年 イギリス 監督:アナンド・タッカー )
俺:17歳


  
  前回の「のだめ」感想繋がりってことで、

  好きな音楽映画の紹介です

  →前回記事「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」感想はこちら





ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ

日本では2000年に公開されました

1987年に亡くなった天才ジャクリーヌ・デュ・プレの一生をリアルに描いた作品です

伝記的な音楽映画の中で、コレと「永遠のマリア・カラス(2002年)」は 別格 です(個人的に)


内容は、

ジャクリーヌ・デュ・プレは小さい頃、姉のヒラリー・デュ・プレと一緒にチェロを習います。
彼女のチェロの演奏はすごく独特で、演奏時に上半身を大きく揺らして感情的に演奏します。
当時には珍しく、まわりの大人はみっともないからやめなさいって言うんですね。
でも彼女はその演奏で幼いながらに頭角を現し、16歳の若さで世界的なデビューを飾ります。

イギリスでも大人気の作曲家、エルガーの「チェロ協奏曲ホ短調作品85」。
彼女独特の演奏スタイルで情感豊かにこの悲壮的な音楽を奏でる姿が人気を博し、
国内外問わず名声を得ていくんですね。

ところが、まるで限りがあったかのようにその才能を発揮できなくなるんです。
チェリストとしての地位を確立して数年、彼女の指が段々動かなくなってしまうんです。

そして・・・


・・・と、これが彼女の世間一般的な伝記になるのですが、「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」は、

本当にデュ・プレの本当の姿を描いた作品 なんです

つまり、デュ・プレ奏でる音とても悲しく・切ない真の理由にせまっているんですよ。

深く説明すると、これから観る人への邪魔になるかもしれないので控えますが

この理由をあらわにすることで批判的な声もあったみたいですが、


ジャクリーヌ・デュ・プレ最も信頼を寄せた姉ヒラリー
ずっと妹を支えてきた姉が語るほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレを観たら、

エルガーの「チェロ協奏曲ホ短調作品85」は涙無しには聴けなくなるかもなので覚悟して下さい



iconicon

  余談ですが
  この作品を観た後に、自分が持ってる
  エルガーのチェロ協奏曲は誰が演奏してるのか調べたら、
  なんと数枚がJ.デュ・プレのものであることが判明し思わず、

  運命
  



とか思ったけど・・・
エルガーのチェロ協奏曲といえばJ.デュ・プレっつー
常識と言っていいくらいの組み合わせなので
ザラにあるんだよね・・・


とは言え、エルガーのチェロ協奏曲が好きな人には是非この作品も観てもらいたいです




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ 映画 洋画 

| .1996年-2000年 ●洋画 | 2010年04月20日 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

第9地区

第9地区( 2010年04月10日公開 監督:ニール・ブロムカンプ )
俺:29歳

第9地区

→映画「第9地区」公式サイトはこちら

SFものの映像を観るのが大好きな拙者

観てきましたヨ 「第9地区

いやぁ~低予算丸出しにもかかわらず、なんとおもしろかったことか

どこ(何)に感情移入するかでだいぶリアルの感じ方がそれぞれ違うなぁ~と、

他の観客の反応をみて思いました

(まぁ、大抵のSFはそうだよね

いやぁおもしろかったですね

内容は、

完全に新鮮度を保つために選択制

≫ Read More

キーワード:第9地区 映画 洋画 

| .2006年-2010年 ●洋画 | 2010年04月16日 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

NINE

NINE( 2010年03月19日公開 監督:ロブ・マーシャル )
俺:29歳

iconicon
  映画「NINE

  →映画「NINE」公式サイトはこちら 

  やばいほどゴージャス

  最高でした





これを超えるミュージカル映画を制作するのは至難の業とでも言いましょうか

とにかく、今まで観たミュージカル映画よりも格段に美味しかった

そう、美味しくいただきました

この一言に尽きる


歌が邪魔したりとか歌以外が邪魔したり・・・ってのが「NINE」にはありません

嫌味無し 後味すっきりみたいな

テーマ男と女ってことになるんでしょうが、

正直に言えば女にだらしのない映画監督グイドの破滅と再生の物語

グイド取り囲む女たちのまぁ豪華なこと

ダニエル・デイ=ルイス:グイド役

ソフィア・ローレン:グイドの母親役

ジュディ・デンチ:衣装デザイナー役

ニコール・キッドマン:女優クラウディア役(グイドのミューズ)

ペネロペ・クルス:グイドの愛人役

マリオン・コティヤール:グイドの妻役

ファーギー:砂浜の娼婦役

ケイト・ハドソン:ファッション記者役


もうみんな最高だよ

ニコール・キッドマン神々しい美しさの演出マリオン渾身のストリップ

なんといっても音楽がイイ

最大のポイントだね、ミュージカル映画を観て初めて本気でCD買うぜと思いました
(ミュージカルは別・・・
(ついでに「オペラ座の怪人」の時もちょっと欲しいと思ったけど・・・

SATCみたいなファッションショーっぽい映像を際立たせた「Cinema Italiano

そしてこの映画の全てなんじゃねーかってくらい格好イイBe Italian

おまけにみんなダンスが超すごい

これは劇場で観たほうがいい 絶対いい

マリオンのあんな激しいセクシーダンスは今後観れないかもしれんぞ

マジどこを切り取っても最高にかっこいい

これがエンターティメントの真髄ってもんでしょうヨ

お金を払う価値のある映画でしょうヨ

DVDブルーレイ頼むからメイキング映像つけてくれぇ~

はぁぁ・・・夢のような時間でした





にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:NINE 映画 洋画 

| .2006年-2010年 ●洋画 | 2010年04月12日 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

噂のモーガン夫妻

噂のモーガン夫妻 ( 2010年03月12日公開 )
俺:29歳

噂のモーガン夫妻


観たいですねぇ~コレ

ヒュー・グラント サラ・ジェシカ・パーカー ですよ

絶対観るでしょう

2010年03月12日 公開ですヨ

→「噂のモーガン夫妻」公式サイトはこちら




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:噂のモーガン夫妻 映画 洋画 

| .2006年-2010年 ●洋画 | 2010年02月04日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

オーシャンズ

オーシャンズ ( 2010年01月22日公開 監督:ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾ )
俺:29歳



観てきた
うーん・・・うーん・・・うー・・・・ん・・・

海に焦点 しぼってんのはわかる
映像がすごい のもわかる

けど・・・ 
見応えってー意味 では
アース 」(2008年)のほうがおもしろかったなぁ
って思ってしまった・・・
 
ドキュメンタリー なんだよね
あくまでドキュメント

最初から そのつもりで観ないと
こんな 半端な気持ち になるのかな・・・

皆さんの感想 はどーなんですかねぇ
特にお母さんの感想 が聞きたいですねぇ


とまぁ、 映画としての感想 はこんなもんでぇ~
あとはアレ だ、 なんだ  
あのアジア人 サメのヒレだけ切り取って残りは海に捨てちゃう みたいな映像

ヒレ以外の部分の処理 試行錯誤 してんのは知ってるけど・・・
国内であんな感じでヒレ採取してんの
まさかですよねぇ
ド、ド、ドキュメンタリー

動物は傷つけてません って テロップ 出たけどさぁ・・・

子供500円 で鑑賞~とかやってたけど、 小さい子にあんなん見せたら駄目 でしょう・・・

綺麗事言ってんじゃねーよ、このアジア人がぁ~ 」とか言われると ぐーの音 も出んが・・・
それならばそれなりの情報 をもっと盛り込むべきだー
WATARIDORI 」(2003年)にはあんな温かさがあったのにー


とまぁ、 後半のショッキング映像 のおかげで 映像への感想 が途切れてしまいました・・・
ドキュメンタリー なんだから解れよ ってつっこまれそうですが・・・

海の綺麗さ をアピールしたいのか、
海を守りましょう ってアピールしたいのか、
こんなひどい奴らがいるんですよ~ ってアピールしたいのか、
何がなんだか・・・

全部です って言われたら・・・しょうがない。「 ぐー 」と言うわ  

ぐーー

とりあえず、
これが観終わった後の感想です

俺史上こんなに曖昧でふわふわした感想 述べたの初めてかもだ
悪いとは言ってないのに、悪い風に感じるのは・・・ すまん
俺の筆のふがいなさである

あぁ~他の人の感想 が超気になるぅ~





にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:オーシャンズ 映画 洋画 

| .2006年-2010年 ●洋画 | 2010年02月03日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

Mr.&Mrs. スミス

Mr.&Mrs. スミス ( 2005年 監督:ダグ・リーマン 脚本:サイモン・キンバーグ )
俺:24歳

  

へいへいへい
世界一 クールな カップルが誕生した コノ 映画 を知っとるけ
もちろんだよなぁ  なんせ今日の「 日曜洋画劇場 」は コレ だったからな

俺は ハリソンフォード が好きだ。でも同じくらい ブラッド・ピット が好きダーッ

ブラピ ブラピとして認識 し始めたのは俺の場合はこれだな

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア 」 (1994年 俺:13歳)

コレ はどちらかと言うと トムクルーズと原作者のいざこざ の話題が大きかったから、
あんまブラピ に注目は集まらなかったんだよね
けど俺の中では確実に 顔と名前が一致する ようになっていきました

で、「 セブン  ( 1995年  俺:14歳) 「 デビル  ( 1997年  俺:16歳) ってきて、

ブラピフィーバー
ブラピフィーバーはあれだよ  本当に ブラピ ゲイ なのか って盛り上がった時期なんよ
ハリウッド でイイ男は必ず ゲイの噂 の一つや二つ持ってるよねぇ)

そんなブラピ の作品の中で 一番好き なのは「 スパイ・ゲーム (2001年 俺:20歳)
やっぱこれだなぁ・・・これは最高におもしろい ロバート・レッドフォード だぜ

とまぁ、一人について考察すると キリ が無いので次、 ジョリー

これまた 好きなハリウッド女優 って聞かれたら絶対挙げるよ「 アンジェリーナ・ジョリー

けど意外に、知ったのは「 17歳のカルテ 」(1999年 俺:18歳)からなんですよね  
しかも 父親 が有名な「 ジョン・ヴォイト 」ってことで
でも知ってからは 彼女にメロメロ

ジーア/悲劇のスーパーモデル 」(1998年 俺:17歳)も捨てがたいけど・・・
やはり「 17歳のカルテ 」は外せないな
早く「 ソルト 」が観たいでごわす

さてさて、そんな二人 が出会ってしまった作品「 Mr.&Mrs. スミス
本当なら ジョリーの役 ニコール・キッドマン がやるはずでした
けど ニコール が降板しメインが決まらない状態に ブラピも他の映画 に・・・
なーんて迷い始めた頃に、 アンジェリーナ・ジョリー に決まったんですなぁ

ブラピは迷っていたのが嘘のように快くサインしたとか

こりぁ完全に狙ってましたヨネ  ブラピ兄さん

こうして 名作 は生まれたのです・・・

めでたしめでたし・・・


ただ俺は、 ジェニファー・アニストン (ブラピ元嫁)と 結婚した時の噂

「ゲイを隠すための偽装結婚説

本気で信じてたけどね・・・





にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:Mr.&Mrs.スミス 映画 洋画 

| .2001年-2005年 ・洋画 | 2010年01月17日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

不夜城

不夜城 (1996年 著:馳星周)
俺:15歳



ストーリー
中国系三大マフィア(台湾、上海、北京)の勢力が入り乱れる新宿歌舞伎町。
その裏社会を生きる、台湾人と日本人のハーフ、劉健一。
そんな健一のもとにかつての相棒である呉富春が帰ってきた。
富春は上海マフィアの幹部を殺して逃亡していたのだ。
噂を聞きつけた上海マフィアのボスは、健一に彼を差し出すように命じる。
そんな時「富春を売りたい」という謎の女、佐藤夏美が現れた。
夏美は富春の女だった。健一は彼女に自分と同じ匂いを感じる。
魅かれる二人。しかし二人を取り巻く状況は絶望的だった。

健一は生き残るため、上海と対立する台湾と北京マフィアに策略を巡らす。
そして歌舞伎町で始まる三大マフィアの抗争。
裏切りと謀略が渦巻く中、二人に芽生えた愛は非常な結末をむかえる・・・。



前回ブログ にちょこっと出したので、今日は コレ 紹介 です
コレ はおもしろい   おもしろいんですよ  皆さん
何がおもしろいって、
新宿・歌舞伎町裏社会の歴史的な移り変わり をよくもまぁこんなに書けたもんだと
作者 なにもん なの  って感じです

表紙 (あえてコレを選んだ)をみておわかりのように、 1998年に映画化 されてます

監督:リー・チーガイ 主演:金城武  です

不夜城 」は 続編 として「 鎮魂歌 」、「 長恨歌 」と 三部作 完結 しているのですが、
俺はやはし「 不夜城 」が 一番 良かったなぁ・・・


 


読んでください  是非
ただし、本シリーズ は作中、

エロい、エグい、グロい

トリプルパンチ ですので、 極度 性描写 ゲイ 嫌う人 にはお勧めしません

それでは今宵も 新宿歌舞伎町アンダーグラウンドの世界





にほんブログ村 本ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:不夜城 小説 映画 洋画 

| .1996年-2000年 ●本 | 2010年01月10日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

サヨナライツカ

サヨナライツカ (文庫版 2002年 著:辻仁成)
俺:21歳



ストーリー

「人間は死ぬとき、
愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる。
私はきっと愛したことを思い出す」。

“好青年”とよばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。
そこから始まる激しくくるおしい性愛の日々。
二人は別れを選択するが二十五年後の再会で…。
愛に生きるすべての人に捧げる渾身の長編小説。



これはやられましたね
辻仁成 さんの作品は「 冷静と情熱のあいだ Blu 」が 一番好き でしたが、
これがそれを超えました

初めて読んだのは 大学生の頃 で、 文庫版デビューの赤い装丁 が気に入って買ったの覚えてます
タイトル項 目次項 ときて、 物語の一番初め が出てくるんですよ

主人公「 好青年 」が後に になる人からもらった詩という 設定 なのですが・・・
もうこの詩がズキュンです

冒頭 だけ 紹介 します ↓↓↓

「いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない
孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい・・・」

この後に続く一文がまた最高なんすよ

全部で15行 からなる なんですが・・・
夜から読み始めて朝方には涙ボロボロでした
詩が、この詩が 物語の全てを語っていると言っても過言ではないんすよ

皆さん書店 で見かけたら是非、 詩だけでも読んでみて下さい

映画も超期待してるけど、コレは絶対活字から入るべきです


→映画「サヨナライツカ」の公式HPはこちら





にほんブログ村 本ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:サヨナライツカ 小説 映画 洋画 

| .2001年-2005年 ・本 | 2010年01月07日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

AVATAR アバター

AVATAR アバター (2009年12月23日公開 監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメロン)
俺:28歳

iconicon  観てきたどーん

  通常版 にするか 3D にするか迷ったあげく・・・
  まぁ、通常版はいつでも観れるしせっかくだからということで3Dにしました

  またしても めちゃ混み で前の席しか取れず・・・
  凹み

  おまけに 3D特別料金 つって プラス500円 も取られ・・・
  凹み



けどけどけどけどもぉぉぉ   超良かったぞぉー

映像  最高  
3D であることを 差し引いても 、あの 映像美 スクリーン で観るべき
ビバ  ハレルヤ・マウンテン

音楽  美しい
中身 を壊すことなく、 さらに引きたてる と言えば この人   ジェームズ・ホーナー
大好きです   ジェームズ・キャメロン との タッグ タイタニック 以来か
今回起用された 歌姫 レオナ・ルイス  曲は「 I See You

まぁ、冷静に判断するとストーリーは単純です
特に映画 アニメゲームこよなく愛する人種にとって、この手の物語は必ず
何かしらの作品
からインスピレーションを得てきたであろう懐かしさ があるはずです

けどそんなもの すべてまるめこんで もう 魅せる魅せる
ディテイル 半端ねぇ  きっちり リアル に持ってきてる

俺が観たいものを創る  といった 信念 がにじみ出てるっす

脚本を書き始めたのが 1995年 って・・・
ダイ・ハード3 」とか「 アポロ13 」、「 ザ・インターネット 」。ジブリは「 耳をすませば 」を公開してました

1993年 に公開された「 ジュラシック・パーク 」でようやく 本格的なCG技術 が注目され、
そこから 完全モーションキャプチャー使用 CG までさらに 十数年 かかってます・・・

そんな 長年の技術 ですら 当時彼の想い描いた世界 表現 できなかったなんて・・・
まさに スーパークリエイター   妥協を許さないその精神 あっぱれ です

この 作品 集大成 なのか、それとも 幕開け なのか・・・
長生きしなければなぁ・・・としみじみ思ってしまいました

シガーニー コメント 通り、まさに 観る映画 ではなく 体験する映画 でした

観終わった後、尻に 汗びっしょり
周りの人 のほとんどの 体感温度 が上がってたみたいですよ
熱のこもらない服装 で劇場へ行くことを お勧めします




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  



↓↓↓ ゲーム も要チェックやぁ

iconicon iconicon iconicon

キーワード:アバター 映画 洋画 

| .2006年-2010年 ●洋画 | 2009年12月26日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT