FC2ブログ

メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

≫ EDIT

「 こち亀 THE MOVIE 勝鬨 (かちどき) 橋を封鎖せよ!」 (仮)

こち亀 THE MOVIE 勝鬨 (かちどき) 橋を封鎖せよ!」 (仮) (2011年)
俺:30歳


一言、一言でいいから言わせてくれ、


アホかっ


→過去記事「座頭市 THE LAST について」はこちら

↑↑↑ この映画へのつっこみが現実のものとなりました・・・


なんまんだぶ・・・


→TBSサイト内公式お知らせはこちら


断らない香取が偉いのか・・・
断れないSMAPが崖っぷちなのか・・・




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:こちら葛飾区亀有公園前派出所 映画 邦画 漫画 

| .2011年-2015年 ・邦画 | 2010年08月19日 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

祝 白夜行 映画化

白夜行 (2011年新春公開)
俺:30歳

iconicon iconicon

 映画化

→「東野圭吾『白夜行』映画化」主演女優についてはこちら by CinemaCafe.net

→その他、新キャストについてはこちら by walkerplus.com

複雑っす

めちゃんこ好きな作品だけに、2時間そこらで何が描けるの

みたいな

でも嬉しいっす

みたいな

→過去記事「小説 白夜行」はこちら

雪穂」役が堀北真希ってところに若干の不安が・・・
というのもどう考えても「雪穂」はナイスバディだと思うのですよ

イノセント感は惜しみなく出せるんだろうが・・・
セクシー度はどーやってもってくるのか・・・見ものです

どーでもいいがドラマ版は、
透き通った肌で清楚な感じ出しつつの巨乳っつー綾瀬はるかにベタ惚れしました自分

でも確かに「白夜行」だけ読む限り、セクシー度っていらないのかも
どーしても「幻夜」のイメージがあるからついセクシーさを「雪穂」に求めてしまうのかも

そう考えるとどんな「雪穂」が観れるのか非常に楽しみになってきた

→過去記事「幻夜」はこちら

そして、小説では二人の直接のやり取りは無し
ドラマ版では舞台裏とも言える二人のやり取りをすべて見せての構成でしたが・・・

映画はどんな構成でくるんでしょうね

脚本が今から楽しみであります




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:白夜行 映画 邦画  

| .2011年-2015年 ・邦画 | 2010年07月30日 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち(2003年 監督:犬童一心 原作:田辺聖子)
俺:22歳


 前回、再放送ドラマオレンジデイズ」を紹介したが、
 そーゆー系の物語でぱっと思いつく限り一番リアルで衝撃的だったのがコレ

 →前回記事「オレンジデイズ」はこちら

 オレンジデイズの後味がオレンジだとしたら、
 こっっちはなんだろう・・・なぁ・・・

 シークヮーサー・・・の汁が目に入ったみたいな
 (ただ痛いだけじゃん・・・)



まずさ、偶然にも(ってかだからこそパッと思いついたのだが
主演が妻夫木聡なのだよ あとは池脇千鶴上野樹里

足の不自由な少女とのラブストーリーなのですが・・・
もう何がびっくりってまず池脇千鶴がバーンとおっ〇いだしてんのもびびるが、
その結末がもうリアルすぎて号泣する

最後の妻夫木の涙が、

世の偽善者の涙の全てを引きうけてる感じ・・・

がした

これ観るとしばらくの間は鬱々として過ごすことになるが・・・

おすすめの映画だ・・・




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:ジョゼと虎と魚たち 映画 邦画 

| .2001年-2005年 ・邦画 | 2010年07月26日 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

踊る大捜査線 THE MOVIE 3

踊る大捜査線 THE MOVIE 3(2010年07月03日公開 監督:本広克行 脚本:君塚良一)
俺:29歳

「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!

そして、観てきましたー

→前回記事「踊る大捜査線」はこちら

MOVIE 3の決定はアマルフィ観た時にパンフで知ったんだよね・・・

→過去記事「アマルフィ 女神の報酬」はこちら


初日だったからめっさ混んでた・・・恐るべし「踊る


踊る大捜査線 THE MOVIE(1998年10月31日公開)俺:17歳
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年07月19日公開) 俺:22歳

思えば、THE MOVIEが高校生の時で、テスト休みか何かで平日に行ったんですよ・・・
ところが席のまわりが小学生だらけで
マジ、20人くらいの小学生がまとまって自分らのまわりに座ってるんですよ

ふざけんなよ おめーら学校はどーしたんだよ

と怒りくるいました・・・

だってさーもう青島君刺されちゃった時とかさー、叫び声よ 小学生の悲鳴
後ろ後ろって 志村後ろじゃないんだからさー

最終的には指差して大笑いしてるし
なんかね・・・開校記念日 みたいなのに当たっちまったらしいんだよね・・・
あぁこれも思い出だわ・・・



それでは感想を ※ネタばれあり

≫ Read More

キーワード:踊る大捜査線 映画 邦画 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年07月07日 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

大奥

大奥(2004年~連載中 作:よしながふみ)
俺:23歳

   
 

ストーリー

とある村の少年・定吉が山へ出かけ熊に襲われた。大けがをし、絶命寸前に助けられたが間も無く息を引き取った。
奇怪なことに定吉の死後、定吉の二人の兄が原因不明の高熱を出し、全身に真っ赤な発疹を膨れ出し死んだ。
兄の幼馴染もまた・・・。その疫病は男だけにかかり、若い男がかかると十人中八人は死んだ。
村から村へと広がった疫病は、数年の後には関東一円からさらに西へと広まり、男子の人口は減り続けた。
そして八十年あまりの歳月が流れた頃、男子の人口は女子のおよそ四分の一で安定し、
男の子は子種を持つ宝として大切に育てられ、女が労働力の担い手にならざるを得なかった。
あらゆる家業が女から女へと受け継がれた。そして三代家光以降、将軍職もまた女子の継ぐ所となった・・・



いやぁ~まさかアニメ化ドラマ化すっとばして、映画化とは
驚きました

→映画「大奥」公式サイトはこちら

内容は水野・吉宗編らしいので、1巻がメインとなるのでしょうが・・・
映画としての水野・吉宗編は・・・どーなんだろう・・・

お万・家光編のほうが盛り上がるんじゃ

と読んでない人には何がなんやらだと思いますが・・・

漫画は最初、6代将軍家宣7代将軍家継が亡くなるところがスタートで、
そのころ江戸の町では貧乏旗本の息子・水野が身分違いの不毛な恋に疲れ、大奥入りを決めるんですねぇ。

この水野が二宮和也で、水野が身分違いの恋に悩む幼馴染の相手が堀北真希なんす。

水野が大奥に入って間もなく、7代将軍が死去。
そんでもって8代将軍吉宗が誕生するのですよ。

この吉宗がイイ女でねぇ(個人的に)配役の柴咲コウは見栄えが似てて適役だなぁと思いました

まぁ、水野・吉宗編というからには、
水野吉宗幼馴染のアレコレを劇的に仕上げるのでしょう

漫画のほうはですねぇ、水野・吉宗編がまぁ一段落した後、
世の中の家業が女へ継がれていく制度や女名を持ちながらも男名を届け出たり・・・
(外からみれば男が継いでるよーに見えるわけよ)
っつー仕組みに疑問を持った吉宗が、大奥での出来事をずっと書きとめている村瀬という老人に会って
話を聞きながら回想に入っていくんです。

いつから女が将軍職を継いだのか・・・
で、3代将軍家光(男のほう)が死去して、その娘が家光になりすまして・・・
っていうお万・家光編に入っていくんです。


いやぁ~ホントよく出来てる

おもしろいんすよぉ

自分の日本史の弱さも露呈するんだけどねっ


映画は・・・どうだろう・・・
でも柴咲コウ演じる吉宗が動くところは観たい

ニノはマゲがあんま似合わないね
てっきり漫画冒頭の前髪あるバージョンで演じるのだろうと思ってたから衝撃でした

佐々木蔵之介玉木宏の絡みは必見か




にほんブログ村 本ブログへ  
ランキング参加中  


★追記

→映画感想「映画「大奥」感想 【ちょいネタばれ】」はこちら

キーワード:大奥 漫画 映画 邦画 

| .2001年-2005年 ・漫画 | 2010年06月21日 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

座頭市 THE LAST について

座頭市 THE LAST (2010年05月29日公開 監督:阪本順治 脚本:山岸きくみ)
俺:29歳

劇場で ポスター みて思ったんだが・・・

主役 といい、あの 角刈り といい、

両津勘吉 にしか見えませんけどぉぉお

→公式サイトはこちら

THE LAST 両津勘吉 でいいんか・・・








にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:座頭市_THE_LAST 映画 邦画 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年05月20日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

のだめカンタービレ 最終楽章 後編( 2010年04月17日公開 総監督:武内英樹 監督:川村泰祐 原作:二ノ宮知子 )
俺:29歳

iconicon 

  あぁ観たヨ
  そしてとうとう劇場版が終わってしまった
  基本は一緒なんだけど前編とはやはり色が違いましたね
  のだめと千秋LOVE要素シリアスのだめ全開です

  →のだめ劇場版前編感想「続 のだめ感想」はこちら

  


さてさて、軽く見どころですが・・・
今回も(控えめつつも)ギャグ満載なところとヨーロッパ綺麗
は変わりませんが、




  なんといっても演奏シーンデショ
  
  前編千秋の「1812年」に感動したけど、
  今回はそんなもんじゃなかった

  音だけじゃなくて、
  演じ手の技あり一本勝ち
  って感じです




前編は千秋こと玉木宏さんの舞台って感じでしたけど、

後編はのだめと清良に圧巻

女優パワー炸裂ですよ

のだめこと上野樹里さんののだめに対する入れ込みと
完成度の高さ
ドラマの時から高評価でしたけど、
ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11
これはもう誰もが原作を読んで想像する
のだめのパフォーマンス姿だったのではではないでしょうか

もちろん、ラン・ランさんの演奏あってののだめですが、もう身震いがしましたよ

そしてもう一人、清良こと水川あさみ
なんなのあの演技 すごすぎてゾクゾクしましたよ
本職はヴァイオリニストですか
っつーぐらいの誰もが憧れるヴァイオリニストってこーゆーヴァイオリニストでしょみたいな

途中、(瑛太)との想いを回想しながら弾くんだけど、

もうそこが艶めかしいったりゃありゃしねー

完全にハートの矢がささりましたよ

いやぁ、役者ってすげぇ
ホントあのメンバーあってののだめカンタービレ」だったな

そしてやっぱりラン・ランさんあっての「のだめ」だった
前編、ラン・ランさんの弾くのだめピアノにやられ、
後編への期待度の半分はラン・ランさんのピアノになったわけだが・・・

あぁ、もう大変満足でした


特にこれから観る皆さんOPのベト7EDのラプソディ・イン・ブルー最高です
両方ともラン・ランさんが弾いています



ラン・ランさんの演奏目当てかつ、
期間限定ポスターデザインジャケット仕様だっつーんで、
のだめカンタービレ 最終楽章 オリジナルサウンドトラック
買ったのに、OPとEDのピアノは収録されてなかった


 →詳細(公式)&視聴はこちら



OPとEDのピアノはこっちに入ってるんだそうだ
なんて商売上手

あぁ・・・買ってしまう・・・


 →「のだめDEBUT!」詳細(公式)はこちら





はぁ、終わってしまった・・・

でも最高に贅沢な時間でした

終わってしまった・・・

でもいいんだ、


24巻が来週発売されるから




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:のだめカンタービレ最終楽章 映画 邦画 のだめカンタービレ 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年04月19日 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

スイートリトルライズ

スイートリトルライズ ( 2004年 著:江國香織 )
俺:23歳

iconicon iconicon

江國香織 さん・・・ 好きです

恋愛小説 なんて全く読まなかったんですがね・・・
江國 様の作品を読んでから、他の人のも読むようになりました

魅力 簡潔 に述べるとしたら、

日常生活のどうでもいい事柄をとても美しく表現する作家さん

と俺はいつも知人 どもに 勧めます

 映画化   おめでとうございます

さてさて、本作「 スイートリトルライズ 」ですが、

CM 観て最初・・・

中谷美紀 大森南朋

マジかぁ

って思いました・・・

というのも、 中谷 さんはとても ラブリーなテディベア作家 には見えないし、
大森 さんは 妻の脈絡のない会話を聞き流す夫 には見えなかったからだー

原作 を読んだ 個人的な感想 だけどね

おっとり系お嬢様 なんだけど 天然的結果的悪女 ・・・ってイメージがありました  (うまく言えん・・・
そしてそれは 個人的 には 中谷 さんの イメージ ではないかなぁ~って



それでも、

「書いたことではなく書きたかったことを、視覚化されて愕然とした、というのが正直なところです。」

なーんて、 江國香織様の本人コメント がついてると・・・

観なきゃな・・・ って思うわけですよ

これぞ、 ファン心理


→映画「スイートリトルライズ」公式HPはこちら


iconicon

肝心の内容は、

テディベア作家の瑠璃子と夫、聡の夫婦の話。
瑠璃子は結婚生活に満足はしてるんだけど、どこか物足りなさ・寂しさを感じている。
というのも聡は夕食後に部屋に鍵をかけてゲームをするという独身時代の習慣があったりするからだ。
少しの愛と言葉が足りない足りないって言うそんな妻に、聡は少しだけ息苦しさ募らせている。

そんな時、
瑠璃子は、所有する非売品のベア「ナナ」をどうしても譲ってほしいという男性と出会う。
聡は、聡に好意を寄せていた大学の後輩と再会する。

やがて積み重なっていく「嘘」。
そんな二人の二つの恋。



ちなみに 刊行当時 幻冬舎文庫 は、

夫だけを愛したいのに。甘く小さな嘘をつく。

でした

さぁ~ 普通 かなぁ~ 原作越え かなぁ

みんなで確かめよう





にほんブログ村 本ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:スイートリトルライズ 小説 映画 邦画 

| .2001年-2005年 ・本 | 2010年03月16日 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

映画 サヨナライツカ

サヨナライツカ ( 2010年01月23日公開 監督・脚本:イ・ジェハン 原作:辻仁成)
俺:29歳



観てきたぁ
感動  号泣  そして骨抜き

→過去記事「サヨナライツカ」についての前回ブログはこちら

あぁ原作ファン としては 文句なし だったのでは
美しい「 マンダリン・オリエンタル・バンコク
ずっと 映像で観たかった景色 と物語が
スクリーンで観れてもう満足です

原作 とは 妻:石田ゆり子のアクション が少し異なりますが、
短い時間で納得させるだけの新しい布石
映画 のほうが良かったかな

  
ただ、どうしても 原作を知っているので先に涙がやって くるんですよねぇ・・・
こればっかりは 「切ない」系の原作⇒映画 を観るときはどうしようもねぇ

観たかったものの一つに「 サマセットモームスィート 」があったのですが、
なんでも 撮影はセット で、 主演の二人:中山美穂・西島秀俊 でさえ、入室はしなかったとか・・・

なんだよぉ~ セット なのかよぉ~
って思いましたが、きっちり 王様のブランチ で観させていただきました
ありがたやぁ~ありがたやぁ~

130年の歴史 っつーことで、 原作読んだ時のイメージ では
もっと 古臭い(良い意味でな )感じの王宮 みたいなイメージを持っていたのですが・・・
全然綺麗で洗練されていて 驚きました


それにしても西島さんの肉体美 はすごかった・・・
中山美穂さんとのセクシーシーン は思わず 鼻血 が出そうになった
衣装も素敵

こんな切ない映画にボロ泣き したのは「 容疑者Xの献身 」以来かも・・・
最後の最後の歌:中島美嘉「ALWAYS」 までずーっともってかれちゃうんだなぁ・・・
やっぱ人間時には泣かないとねぇ
泣きたい人 は今すぐ「 サヨナライツカ 」を 観て読んで便乗して泣いて 下さい


最後に一言・・・

あぁあぁぁぁぁ・・・タイ行きてぇ~

→映画「サヨナライツカ」公式サイトはこちら





にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:サヨナライツカ 映画 邦画 小説 

| .2006年-2010年 ●洋画 | 2010年02月02日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

続 のだめ感想

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (2009年12月19日公開 監督:武内英樹 原作:二ノ宮知子)
俺:28歳

→前回ブログ「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」はこちら

いやぁ~

本編 おもしろさ もさることながら
やはり 音楽 がドラマで聴いてたものとは 比べ物にならない迫力 でしたヨ

特に良かったのは 千秋 の「 チャイコフスキー:序曲「1812年」 」と、
のだめ の「 モーツァルト:ピアノソナタ第11番イ長調K.331より 第3楽章「トルコ行進曲」

1812年 」は本当に でそうでしたヨ
オケ なんてもう 10年 も生で聴いてないけど
生で聴いてる感じがしました(てかそれ以上でしょう今の 音響

映画館 ってこんな楽しみがあるんだなって 改めて 思いました
ミュージカル映画 とはまた 一味違うオケ映画( をお楽しみください

そして のだめ こと「 ラン・ラン 」さんが弾く「 トルコ行進曲
もう今まで聴いてきた「 トルコ行進曲 」ってなんなのってくらい 音が綺麗 だった
デジタル処理 してんじゃねぇか って思うくらい
本人 のだめちっく にわざと弾いてる感を除いても、 最高に綺麗 でした

あかん   思い出した だけで でそう
最近 美しい音楽 に触れていなかったってことですなぁ・・・

本作は ストーリー ギャグ 音楽 も楽しめるから あと2回は観たい です

是非あの「 1812年 」と「 トルコ行進曲 」を 劇場 で聴いて下さい

さぁ、 楽しい音楽の時間 ですヨ





にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:のだめカンタービレ 映画 邦画 のだめカンタービレ最終楽章 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2009年12月20日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT