メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --年--月--日 --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

小説 ノルウェイの森

ノルウェイの森(1987年 著:村上春樹)
俺:6歳

 

おいっす
久しぶりに真面目に感想というか、読書感想を書こうかと思いました。

最近というかブログを始めて、映画鑑賞と読書の頻度がすこぶる落ちました・・・
映画が特に・・・最近は新作を劇場で観るくらいになってしまった
本も最後に読んだのはなんじゃったべ・・・ってくらい・・・
このままではあかんと思いつつも・・・抜け出せん

まぁそんな話は置いといてだ。
ノルウェイの森」が2010年12月11日に公開されます。
監督・脚本トラン・アン・ユン主演は、松山ケンイチ菊地凛子なわけですが。

→公式サイトはこちら

本作、「ノルウェイの森」。
初めて読んだのはおそらく2001年くらい。
当時やってたドラマの小道具としてこの赤と緑の装丁の本作が使用されていたんですよね・・・
存在は知っていて、いつか読もう読もうと思ってたけどすっかり忘れてて。
それをドラマ観て思い出し、即買いに行った気がします。

でもって読んだんだけど、2001年だから20歳か。全然なじめなくてね・・・
まず村上春樹どんが描く女性像になじめない。なーんか綺麗すぎる・・・比喩が入ってこない・・・

と、昔からドロドロ好きだったせいなのか、20歳の時やさぐれてたのか、
正直全然おもしろいと思わなかったんだよね。
それが人生初春樹だったもんだから、それから全く読まなくなって。
偶然(ってか読むものがなくてしょうがなく)読んだ2本目がアフターダークでさ・・・
もう、1発目くじけてんのに、2本目にコレ持ってくるっつー今考えるとアホな選択をしてしまい・・・
(アフターダークはめっさ奇抜なんすよ 色んな意味で最先端をいってるの・・・)
完全に村上春樹どんはおいらには無理ぽ・・・と、思ってました


ところがです。映画化の話知って、久しぶりに読んでみようかと思ったわけですよ。
昔読んで泣けなかった本に、10年後泣いたり、その逆もよくあるので、
今読んだらなんか違うかな・・・と。

でね、風呂場で2日かけて読んだのさ。

おもしろかった ∑(ёロё)

あ・・・れ、何この感情・・・
ノルウェイの森」っておもしろいじゃん・・・
俺、何を読んでたんだ

正直、今でもこの比喩はちょっと・・・くすり・・・
と思う部分もあるのだが、毛嫌いする要素が全く無かった。
なんで敬遠してたんだろ・・・不思議すぎるぞ俺

こうなってくると、ちゃんと村上春樹どんを読みなおしたいよね。
1Q84はさすがに文庫待つとして、今一番気になるのがアレよ。

キャッチャー・イン・ザ・ライ

春樹どんが訳したらどんなんなるんだ
よく春樹どんが訳したやつ読んだら、この作品がよりおもしろくなったって言う人いるじゃない
マジかよ 俺もその恩恵に与りたいよ




つーわけで、J・D・サリンジャー追悼ってことでなんとか今年中に読みたいものである・・・




続く(かもしれない)




にほんブログ村 本ブログへ  
ランキング参加中  



スポンサーサイト

キーワード:ノルウェイの森 村上春樹 映画情報 

| .1986年-1990年 ●本 | 2010年11月26日 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

フォーチュン・クエスト

フォーチュン・クエスト (1989年~続 著:深沢美潮 イラスト:迎夏生)
俺:8歳

   
   


本好き で、最初は ライトノベル からはいりました
という方は 本好き の人の 何% にあたるのだろうか

俺は確実に ライトノベル から デビュー しました
図書室の本 は除く
そして 記念となる一作目 コレ でした

フォーチュン・クエスト 世にも幸せな冒険者たち

小学校3~4年 の頃ですかね・・・
本屋に立ち読みに行く という日課の過程で自然と「 角川スニーカー文庫 」に目が行きました
児童向けと漫画雑誌 ばっかだった生活から小学生ながらに 大人になったなぁ ・・・と思ったもんです。
(あの頃の 角川 はすごかった・・・)

当時は「 ドラクエ 」ブームで、我が家も 一足遅れて 遊んでた時期ですねぇ
ファンタジー が好きだったので、 コレ はホントに はまりました

ホワイトドラゴン シロちゃん が可愛くてかわいくて
俺の歴史の中で、 冒険ファンタジー の基は コレ ドラクエ が強かったなぁ・・・
ライオンと魔女 」とかよりも早くに読んでますからね・・・

そんな フォーチュン・クエスト も(というか ライトノベル 自体) 社会人 になるにつれ、
読まなくなったもんです・・・
本屋のコーナー には行くんだけどね・・・ あらすじ しか読まなくなったなぁ・・・

そんなこんなで気づくと 未だ読んでないシリーズ が何作か出てるじゃないですか

これは アカン  
せめて フォーチュン・クエスト だけは 続く限り読まないと

というわけで、なんなら 電撃文庫 から出た 新装版 でも買って読みなおしつつ、
残り7冊 (俺が未だ読んでないと思われる数) 追いかけようかなー なんて目論んでます

角川スニーカー文庫 」は当時、 装丁がうっすい紙 でねぇ・・・
何度も読むと 表紙がボロボロ になってしまうんですよ・・・(カバーつけるって発想が無かったのね
なので 電撃文庫 が刊行(1993年)された時は 感動 しましたね  
何この表紙、 ツルツルで頑丈  ってな





にほんブログ村 本ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:フォーチュン・クエスト 小説 アニメ ライトノベル 

| .1986年-1990年 ●本 | 2009年09月12日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。