メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --年--月--日 --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

映画「SP THE MOTION PICTURE 野望篇」感想 【ちょいネタばれ】

SP THE MOTION PICTURE 野望篇(2010年10月30日公開 監督:波多野貴文 脚本:金城一紀)
俺:29歳

SP

観ました 公開日の次の日に・・・テヘ
ちょうど再放送を3週にわたってやってたので
それをきっちり観てからいきましたヨ

さすがに3年も経つと・・・忘れるよね・・・

このドラマ、クラシックが多用されてて、なかなか好みのドラマでした
原案・脚本金城一紀ってことで、驚き なのですが
総監督本広克行って名前があると、なんでか「あぁ、なるほどなるほど。
と納得してしまうのも不思議

ドラマ当初は、岡田君の身長でSPになれるのか
なんつー余計なお世話だよ記事とか出るくらいには、人気ドラマでしたよね
深夜枠にもかかわらず

さてさて、お世話になってる映画サイト様は、
この映画を観るなら当然ユナイテッドシネマ豊洲だろうとおしゃっていましたが、
いやはや拙者はそんなことすっかり忘れて豊島園で観てしまいましたヨ

確かに、豊洲で観れば良かった

でも、よくよく考えてみたらあのシーンのエントランス部分は豊島園なので、
結果的にはSPに縁のある場所で映画を観れたことになる もうけ
なーんてことは当日全く思いださなかったけど


さてさて、ではあっさりと感想を・・・

→映画「SP THE MOTION PICTURE」公式サイトはこちら

≫ Read More

スポンサーサイト

キーワード:映画 邦画 SP 波多野貴文  金城一紀 菅野祐悟 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年11月05日 21:00 | comments:2 | trackbacks:5 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」感想 【ちょいネタばれ】

インシテミル 7日間のデス・ゲーム(2010年10月16日公開 監督:中田秀夫 脚本:鈴木智 原作:米澤穂信)
俺:29歳

インシテミル

観てきました

公開直前SP「天国と地獄ツアーin香港・超豪華&超珍品料理に絶叫!」とか観ちゃったし、

何よりも原作者が、

「自分なりにとことんミステリを追究した」

なんつーこと言ってたら、観るしかないでしょう

原作のキャッチコピーは「新感覚ミステリー」ですからね


そうです、なんなら公開直後に観たんすよ・・・
何故遅めのUPだったかは・・・
まぁ、ネタばれOKな人のみお読みください

→映画「インシテミル」公式サイトはこちら




≫ Read More

キーワード:映画 邦画 インシテミル 小説 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年11月03日 12:00 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

大奥(2006年 映画)

大奥(2006年 監督:林徹 脚本:浅野妙子)
俺:25歳

iconicon    
  ★作品紹介

  正徳二年(1712年)、第七代将軍・家継の時代。
  将軍と呼ぶにはあまりにも幼い、齢4つの将軍をめぐって、
  江戸城では表裏舞台がうごめいていた。

  第六代将軍・家宣に取り立てられ、幼将軍・家継の後見人と
  なった側用人・間部詮房。

  能役者から、幕府の実権を握る地位にまで登りつめた間部を
  快く思わない、秋元喬知をはじめとする老中たちとの醜い幕閣
  の権力争いが表面化する中、大奥でも、先代将軍未亡人・天英
  院と若く美しい将軍生母・月光院との女の意地を賭けた闘いが
  繰り広げられていた。そんな混沌とした大奥に、月光院の推挙
  で若くして大奥総取締に昇格した絵島(仲間由紀恵)。

  月光院の信頼も厚く、大奥女中の間でも信頼と人気を集めるに
  至ったが、それは対立する天英院派の不満とストレスの矛先へ
  と変わっていった。




そんな折、間部と月光院の恋のうわさが流れる。この機を逃さぬ天英院は老中たちと結託し、
月光院の右腕である絵島を謀りにかけるのだった。寺社詣の帰りに寄った歌舞伎観劇で、
絵島は役者の生島新五郎と出会った。

男を知らず生きてきた絵島は、美男子・生島に魅了されてしまう。
それが天英院の策略だとも知らずに……。



★キャスト
仲間由紀恵, 西島秀俊, 井川遥, 及川光博, 杉田かおる, 麻生祐未, 中山忍, 木村多江, 北村一輝, 鷲尾真知子,
山口香緒里, 久保田磨希, 浅野ゆう子, 松下由樹, 柳葉敏郎, 藤田まこと, 岸谷五朗, 高島礼子


※紹介文・キャスト:HMVより抜粋。


→関連記事:映画「大奥」感想 【ちょいネタばれ】 はこちら




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:大奥 映画 邦画 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年10月06日 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

映画「大奥」感想 【ちょいネタばれ】

大奥(2010年10月01日公開 監督:金子文紀 脚本:高橋ナツコ 原作:よしながふみ)
俺:29歳

映画_大奥


映画大奥」観てきました

DVDでもいいかな・・・って思いもあったけど、
久しぶりのニノの演技を是非劇場でと思いまして

さてこの大奥ですが、元ネタよしながふみさん原作の漫画「大奥」になります


漫画のストーリー
とある村の少年・定吉が山へ出かけ熊に襲われた。大けがをし、絶命寸前に助けられたが間も無く息を引き取った。
奇怪なことに定吉の死後、定吉の二人の兄が原因不明の高熱を出し、全身に真っ赤な発疹を膨れ出し死んだ。
兄の幼馴染もまた・・・。その疫病は男だけにかかり、若い男がかかると十人中八人は死んだ。
村から村へと広がった疫病は、数年の後には関東一円からさらに西へと広まり、男子の人口は減り続けた。
そして八十年あまりの歳月が流れた頃、男子の人口は女子のおよそ四分の一で安定し、
男の子は子種を持つ宝として大切に育てられ、女が労働力の担い手にならざるを得なかった。
あらゆる家業が女から女へと受け継がれた。そして三代家光以降、将軍職もまた女子の継ぐ所となった・・・

※過去記事より抜粋。

→過去記事「大奥」はこちら


通常の「大奥」とは違い、疫病により男女の比率(1:4)になってしまったという設定で始まり、
女将軍の元に男が大奥入りをするという男女逆転が売りの人間ドラマとなっております

たった一つの嘘は男女逆転
(江戸時代の男女比はマジで4:1だったらしいです・・・)

→映画「大奥」公式サイトはこちら


それでは、感想のはじまり、はじまりぃ~

≫ Read More

キーワード:大奥 映画 邦画  

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年10月06日 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

映画「東京島」感想 【ちょいネタばれ】

東京島(2010年08月28日公開 監督:篠崎誠 脚本:相沢友子 原作:桐野夏生)
俺:29歳

iconicon
 
  助けの来ない無人島に、男23人と、

  たったひとりの女。

  →映画「東京島」公式サイトはこちら




観てきました
桐野夏生さんが好きです。でも「東京島」は未読です。

映画化の話を知った時に、先に読むのはやめました。
読んだら映画を観にいく気力をしぼりとられると思ったからです・・・。


桐野夏生」とこんなキャッチコピー

助けの来ない無人島に、男23人と、たったひとりの女。

エロくて、グロくて、キモくて、鬱にならないわけがない

そして完全に落ちること間違いなし・・・
と、これまでの彼女の作品からそんなことを想像しておりました。
何故ならハードボイルドヒロイン:ミロを完膚なきまでに落としに落とした作家である。

エロくて、グロくて、キモくて、鬱にならないわけがない

なら、読まなきゃイイのに・・・
って思うのだが・・・うーん、ホントにおもしろいのよねぇ。。。
クセになるうまさ・・・かっぱえびせんなみにやめられない・・・止まらない・・・
一種の中毒症状なのでしょうか・・・基本ドロドロが好きなものですから・・・
そんな魅力のある作家さんの作品ですから、どんな映像なのかめっさ気になります。
でも映画の「OUT」がドラマの「OUT」を超えられなかった(と勝手に思ってます。)ように、
2時間桐野夏生ダークワールドが描けるのか

と不安もありました・・・。


さてさて、そんな感想です

≫ Read More

キーワード:東京島 映画 邦画 桐野夏生 小説 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年09月15日 01:00 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

踊る大捜査線 THE MOVIE 3

踊る大捜査線 THE MOVIE 3(2010年07月03日公開 監督:本広克行 脚本:君塚良一)
俺:29歳

「踊る大捜査線THE MOVIE3」2010年7月3日公開!

そして、観てきましたー

→前回記事「踊る大捜査線」はこちら

MOVIE 3の決定はアマルフィ観た時にパンフで知ったんだよね・・・

→過去記事「アマルフィ 女神の報酬」はこちら


初日だったからめっさ混んでた・・・恐るべし「踊る


踊る大捜査線 THE MOVIE(1998年10月31日公開)俺:17歳
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年07月19日公開) 俺:22歳

思えば、THE MOVIEが高校生の時で、テスト休みか何かで平日に行ったんですよ・・・
ところが席のまわりが小学生だらけで
マジ、20人くらいの小学生がまとまって自分らのまわりに座ってるんですよ

ふざけんなよ おめーら学校はどーしたんだよ

と怒りくるいました・・・

だってさーもう青島君刺されちゃった時とかさー、叫び声よ 小学生の悲鳴
後ろ後ろって 志村後ろじゃないんだからさー

最終的には指差して大笑いしてるし
なんかね・・・開校記念日 みたいなのに当たっちまったらしいんだよね・・・
あぁこれも思い出だわ・・・



それでは感想を ※ネタばれあり

≫ Read More

キーワード:踊る大捜査線 映画 邦画 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年07月07日 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

座頭市 THE LAST について

座頭市 THE LAST (2010年05月29日公開 監督:阪本順治 脚本:山岸きくみ)
俺:29歳

劇場で ポスター みて思ったんだが・・・

主役 といい、あの 角刈り といい、

両津勘吉 にしか見えませんけどぉぉお

→公式サイトはこちら

THE LAST 両津勘吉 でいいんか・・・








にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:座頭市_THE_LAST 映画 邦画 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年05月20日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

のだめカンタービレ 最終楽章 後編( 2010年04月17日公開 総監督:武内英樹 監督:川村泰祐 原作:二ノ宮知子 )
俺:29歳

iconicon 

  あぁ観たヨ
  そしてとうとう劇場版が終わってしまった
  基本は一緒なんだけど前編とはやはり色が違いましたね
  のだめと千秋LOVE要素シリアスのだめ全開です

  →のだめ劇場版前編感想「続 のだめ感想」はこちら

  


さてさて、軽く見どころですが・・・
今回も(控えめつつも)ギャグ満載なところとヨーロッパ綺麗
は変わりませんが、




  なんといっても演奏シーンデショ
  
  前編千秋の「1812年」に感動したけど、
  今回はそんなもんじゃなかった

  音だけじゃなくて、
  演じ手の技あり一本勝ち
  って感じです




前編は千秋こと玉木宏さんの舞台って感じでしたけど、

後編はのだめと清良に圧巻

女優パワー炸裂ですよ

のだめこと上野樹里さんののだめに対する入れ込みと
完成度の高さ
ドラマの時から高評価でしたけど、
ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11
これはもう誰もが原作を読んで想像する
のだめのパフォーマンス姿だったのではではないでしょうか

もちろん、ラン・ランさんの演奏あってののだめですが、もう身震いがしましたよ

そしてもう一人、清良こと水川あさみ
なんなのあの演技 すごすぎてゾクゾクしましたよ
本職はヴァイオリニストですか
っつーぐらいの誰もが憧れるヴァイオリニストってこーゆーヴァイオリニストでしょみたいな

途中、(瑛太)との想いを回想しながら弾くんだけど、

もうそこが艶めかしいったりゃありゃしねー

完全にハートの矢がささりましたよ

いやぁ、役者ってすげぇ
ホントあのメンバーあってののだめカンタービレ」だったな

そしてやっぱりラン・ランさんあっての「のだめ」だった
前編、ラン・ランさんの弾くのだめピアノにやられ、
後編への期待度の半分はラン・ランさんのピアノになったわけだが・・・

あぁ、もう大変満足でした


特にこれから観る皆さんOPのベト7EDのラプソディ・イン・ブルー最高です
両方ともラン・ランさんが弾いています



ラン・ランさんの演奏目当てかつ、
期間限定ポスターデザインジャケット仕様だっつーんで、
のだめカンタービレ 最終楽章 オリジナルサウンドトラック
買ったのに、OPとEDのピアノは収録されてなかった


 →詳細(公式)&視聴はこちら



OPとEDのピアノはこっちに入ってるんだそうだ
なんて商売上手

あぁ・・・買ってしまう・・・


 →「のだめDEBUT!」詳細(公式)はこちら





はぁ、終わってしまった・・・

でも最高に贅沢な時間でした

終わってしまった・・・

でもいいんだ、


24巻が来週発売されるから




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:のだめカンタービレ最終楽章 映画 邦画 のだめカンタービレ 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年04月19日 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

続 のだめ感想

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (2009年12月19日公開 監督:武内英樹 原作:二ノ宮知子)
俺:28歳

→前回ブログ「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」はこちら

いやぁ~

本編 おもしろさ もさることながら
やはり 音楽 がドラマで聴いてたものとは 比べ物にならない迫力 でしたヨ

特に良かったのは 千秋 の「 チャイコフスキー:序曲「1812年」 」と、
のだめ の「 モーツァルト:ピアノソナタ第11番イ長調K.331より 第3楽章「トルコ行進曲」

1812年 」は本当に でそうでしたヨ
オケ なんてもう 10年 も生で聴いてないけど
生で聴いてる感じがしました(てかそれ以上でしょう今の 音響

映画館 ってこんな楽しみがあるんだなって 改めて 思いました
ミュージカル映画 とはまた 一味違うオケ映画( をお楽しみください

そして のだめ こと「 ラン・ラン 」さんが弾く「 トルコ行進曲
もう今まで聴いてきた「 トルコ行進曲 」ってなんなのってくらい 音が綺麗 だった
デジタル処理 してんじゃねぇか って思うくらい
本人 のだめちっく にわざと弾いてる感を除いても、 最高に綺麗 でした

あかん   思い出した だけで でそう
最近 美しい音楽 に触れていなかったってことですなぁ・・・

本作は ストーリー ギャグ 音楽 も楽しめるから あと2回は観たい です

是非あの「 1812年 」と「 トルコ行進曲 」を 劇場 で聴いて下さい

さぁ、 楽しい音楽の時間 ですヨ





にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:のだめカンタービレ 映画 邦画 のだめカンタービレ最終楽章 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2009年12月20日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (2009年12月19日公開 監督:武内英樹 原作:二ノ宮知子)
俺:28歳

iconicon iconicon iconicon


観てきたどーん  

左バー の「★MY ヒット」の「 劇場映画ランキング 」では既に 6位に上昇している本作ですが

おもしろかったよぉ

→のだめ前回ブログはこちら

忠実に 最終楽章後編 へと続いていくのですが・・・
ずるい・・・
なんとも 胸に突き刺さる感じ 前編 が終わっていくんすよぉぉ

長いなぁ・・・ 4月 まで・・・

パンフ 買ったのだが、 通常版 限定版 が選べて・・・
300円 けちってしまった

限定版 装丁がかっちょいい のと イヤホン巻き? が付いてくるらしいので、
皆さん 劇場 に急いで下さい





にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中

キーワード:のだめカンタービレ 映画 邦画 のだめカンタービレ最終楽章 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2009年12月19日 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。