FC2ブログ

メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

STAR DRIVER 輝きのタクト 第02話「綺羅星十字団の挑戦」

STAR DRIVER 輝きのタクト(2010年10月03日放送開始 原作:BONES)
俺:29歳

iconicon
  第02話「綺羅星十字団の挑戦」観ました

  でたーーーーーーー
  
  必殺技

  タウ・銀河ビーーームっ

  さてさて、衝撃の01話以来、もう、
  ソワソワしまくりで・・・

  公式サイトを満遍なく読みーの、
  PDF拡大しーの、
  がっつり「タクト」の世界を堪能したこの一週間

  色々と見えてきました
  
  →公式サイトはこちら





→アニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」過去記事はこちら

前回はあのぶっ飛び内容にあんまついていけんかったけど・・・、
今回はそんな01話のちょい補足回でしたネ

綺羅星十字団の目的なんかがわかったわけですが・・・
それにしても、最初から設定資料の一部を公開する気合いの入れよう
(てか公開用に作成してるあたり・・・)
ついていきたい

そんな内容をちょい整理したいと思うッス

まず最初に訂正したいっ

「アプリワゼ」って書いたんだけど、

「アプリボワゼ」っした

もーう、駄目だね・・・耳がね・・・老化現象・・・なんすヨ

ポワゼ」っつー響きにかなり笑ったんだけどね・・・なんだよ・・・「ボワゼ」かよ・・・
ってな感じっすよ
前回記事は・・・・気が向いたら直す


では気の向くままに・・・


★綺羅星十字団
第1隊:「エンペラー」 構成員がゼロで実質的には存在しないらしい。
第2隊:「バニシングエージ」 リーダー:ヘッド(南十字学園の理事長)
第3隊:「ブーゲンビリア」 リーダー:ニチ・ケイト/イブローニュ(タクトのクラスのクラス委員)
第4隊:「おとな銀行」 リーダー:ワタナベ・カナコ/頭取(タクトの後ろの席の人妻)
第5隊:「フィラメント」 リーダー:シナダ・ベニオ/スカーレットキス(学生寮の寮長)
第6隊:「科学ギルド」 リーダー:オカモト・ミドリ/プロフェッサーグリーン(保険の先生)

全部で6つのグループから成るらしい。
でもって組織全体を暫定的に指揮しているのは第2隊のヘッドだそうだ。

★綺羅星十字団の目的
通常、サイバディ特定の人間とアプリボワゼ(関係を形成)することで起動するらしい。
この時、「ゼロ時間」と呼ばれる特殊な異空間を発生させるらしい。
つまり、サイバディはこの「ゼロ時間」という異空間でしか動かせないらしい。
綺羅星十字団の目的は、この「ゼロ時間」の外へとサイバディを持ち出すことなんだそうだ。

★サイバディの封印
サイバディの力は4人の巫女により封印されている。
綺羅星十字団ではこの封印の段階を「フェーズ」と言ってるらしい。
第1フェーズ」(←サカナちゃんの封印で解けた?)から「第5フェーズ」まであって、
第5フェーズ」をクリアすると「ゼロ時間でのサイバディの活動が可能になると言われているらしい。

★サイバディのタイプ
地下にある古代遺跡には約20体ほどのサイバディが眠っている。
サイバディには「巫女タイプ(女性型)」と「戦士タイプ(男性型)」の2種類が存在する。
プラス、このどちらにも分類されない巨大な「」のサイバディが存在しているらしいが、
現在は大破しており動かすことができないそうだ。

などなど・・・


なーんか、既に こんなことまで書いちゃってるの
っつー「読み物」なんだけど
設定以外にも対談とかおもしろいので、超暇な人は読むべし

読んでツボったのは、タクトの後ろの席の「ワタナベ・カナコ(頭取)」の設定。
どんな設定かは・・・読んで下さい

こんだけ見せて読ませて、なんなら先の展開まで読めちゃうんじゃねーか、
コイツとかコイツとか絶対・・・みたいな・・・そんなサービス精神からして、

そんなんバレても勝負出来る自信があるのだろう


もうストーリーから目が離せないっす
けど、長そうだな・・・
途中「主人公(銀河美少年)」に飽きないといいが・・・

女子が魅力的だからいっか


来週も期待

第03話「おとな銀行」






にほんブログ村 アニメブログへ  
君の銀河はきっと輝く  


→過去記事:STAR DRIVER 輝きのタクト 第01話「銀河美少年」はこちら


スポンサーサイト



キーワード:STAR_DRIVER_輝きのタクト アニメ  

| .2006年-2010年 ●アニメ | 2010年10月10日 23:45 | comments:0 | trackbacks:16 | TOP↑ ブログパーツ

| PAGE-SELECT |