FC2ブログ

メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

STAR DRIVER 輝きのタクト 第22話「神話前夜」

STAR DRIVER 輝きのタクト(2010年10月03日放送開始 原作:BONES)
俺:29歳

iconicon


「いいえそれでも私は、彼らに期待しているんです。」

第07話「遠い世界」で、サリナは一人芝居ではなく、副部長と話していたのかもですね・・・
第22話「神話前夜」感想です。

きっと最終回は「神話」となり語り継がれるような「ラスト」が用意されているのでしょう



サリナは脚本の中に島の過去と思われる話を盛り込みました。
それはサカナちゃんの話にもリンクするの話。

ただ私は君にどうしてもせめて知っておいて欲しかった。

この船の物語を――。

そして知りたい同じようにこの船を動かせる君が・・・

これからどうするのかを――。

サリナ副部長(と思われる男の子の声)をそのまんま信じるとしたら、
二人はエントロピープルというココとは違う銀河の一族ということになる。
おまけにエントロピープル魔力を使えるのに使わないと決めた一族
島に眠る古代遺跡の存在を守ることも隠すこともしないし、サイバディ同士の戦いにも関与しない。
古代遺跡そのものの破壊をすることもない。見守るためだけの存在

サリナの話と脚本を照らし合わせて考えられるのはこんな話だろうか。

古代、島に力を持った存在が別の銀河からやってきた。(=クレイス)
その存在に唯一気がついた人間。(=コルムナ)

もしくは、別の銀河からやってきた存在はいつしか島の人間と同化していったのかもな・・・
印の継承だけ残して・・・。コルムナもその一人。

ある日コルムナがその力を強く求めちゃうんだよ。
サイバディに置き換えると、一番大きな魔力を持った船ってことで、
戦士タイプ」でも「巫女タイプ」でもない「」のサイバディ:ザメクのことか。
そしてそそのかしたのは唯一異色だったアインゴット

でもアインゴットは王のサイバディ:ザメクに握りつぶされてしまう。
(戦士タイプと王のサイバディの関係がわかんねー)

世界を手に入れようとするコルムナ(ザメク)に敵対するために創られたのがタウバーン
(創ったのは人間か?これまた別の銀河の人達か?)

一度は決着がついて王のサイバディとともに封印された島の遺跡。
(そうなると巫女タイプのサイバディもゼロ時間システムも、後から導入か?)
それがまた悪用されようとしている。

そう考えると、ゼロ時間外でのサイバディの活動が可能になるのは、
サイバディとドライバーが一体化して人間よりになるからかな。
オリハルコン素体を自由自在に操れる(一体化できちゃう)知的生命体・・・

なんてこったい、

トランスフォーマー じゃねーか


いや、待て待て待て。
わけわからなくなってきた。
ここはマクロスサイヤ人っぽくトロイの木馬式兵器と考えようか。
ザメクだけが地球に送られる誰かが乗る人格壊れる無性に世界を破壊したくなる地球制圧。
種の保護っていう観点からエントロピープルは手が出せません。(ここら辺はレベルEとかね。)

でも反保護団体が「地球人可愛そうじゃね」ってことで、タウバーン寄贈。

地球の皆さん。後は自分でなんとかして下さい。

かしこ。みたいな
つまりなんだ・・・その・・・すまん・・・・

ザメクはドライバーを蝕む。
ってか、それこそリビドーを奪われていき終いには世界を破滅させようとする兵器になる。
ぶっちゃけ他のサイバディはどーでもいいんじゃ・・・
スガタがちょいちょい眠りにつくのはそのせいか。

わかんないのは、
不老不死となったコルムナ(的存在)はザメクを放置したままどこへ隠れてしまったんだろね・・・
実はザメクとともに眠りについてるのかな・・・

隠れていたコルムナ(的存在)が最終ボスで、
最後全サイバディと力を合わせたタウバーンが戦うっていうのもイイな・・・
もともと王の暴走止めるのが戦士タイプの役目だったとかでさー。
そんでもってゼロ時間外に持ち出せるんじゃなくて、全てがゼロ時間に呑み込まれちまうんだよ。
ブラックホールさ・・・全てを(てか地球含む銀河だけ)無に帰すのさ

フははははははっハハハハはーっ

はぁ、楽しい
いくらでもいけるわ なので強制終了します。
・・・もっとちゃんと考えれば良かった・・・まぁいいか・・・





≫ Read More

スポンサーサイト



キーワード:STAR_DRIVER_輝きのタクト アニメ  ボンズ 

| .2006年-2010年 ●アニメ | 2011年03月07日 23:35 | comments:6 | trackbacks:13 | TOP↑ ブログパーツ

| PAGE-SELECT |