メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --年--月--日 --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

のだめカンタービレ 最終楽章 後編( 2010年04月17日公開 総監督:武内英樹 監督:川村泰祐 原作:二ノ宮知子 )
俺:29歳

iconicon 

  あぁ観たヨ
  そしてとうとう劇場版が終わってしまった
  基本は一緒なんだけど前編とはやはり色が違いましたね
  のだめと千秋LOVE要素シリアスのだめ全開です

  →のだめ劇場版前編感想「続 のだめ感想」はこちら

  


さてさて、軽く見どころですが・・・
今回も(控えめつつも)ギャグ満載なところとヨーロッパ綺麗
は変わりませんが、




  なんといっても演奏シーンデショ
  
  前編千秋の「1812年」に感動したけど、
  今回はそんなもんじゃなかった

  音だけじゃなくて、
  演じ手の技あり一本勝ち
  って感じです




前編は千秋こと玉木宏さんの舞台って感じでしたけど、

後編はのだめと清良に圧巻

女優パワー炸裂ですよ

のだめこと上野樹里さんののだめに対する入れ込みと
完成度の高さ
ドラマの時から高評価でしたけど、
ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11
これはもう誰もが原作を読んで想像する
のだめのパフォーマンス姿だったのではではないでしょうか

もちろん、ラン・ランさんの演奏あってののだめですが、もう身震いがしましたよ

そしてもう一人、清良こと水川あさみ
なんなのあの演技 すごすぎてゾクゾクしましたよ
本職はヴァイオリニストですか
っつーぐらいの誰もが憧れるヴァイオリニストってこーゆーヴァイオリニストでしょみたいな

途中、(瑛太)との想いを回想しながら弾くんだけど、

もうそこが艶めかしいったりゃありゃしねー

完全にハートの矢がささりましたよ

いやぁ、役者ってすげぇ
ホントあのメンバーあってののだめカンタービレ」だったな

そしてやっぱりラン・ランさんあっての「のだめ」だった
前編、ラン・ランさんの弾くのだめピアノにやられ、
後編への期待度の半分はラン・ランさんのピアノになったわけだが・・・

あぁ、もう大変満足でした


特にこれから観る皆さんOPのベト7EDのラプソディ・イン・ブルー最高です
両方ともラン・ランさんが弾いています



ラン・ランさんの演奏目当てかつ、
期間限定ポスターデザインジャケット仕様だっつーんで、
のだめカンタービレ 最終楽章 オリジナルサウンドトラック
買ったのに、OPとEDのピアノは収録されてなかった


 →詳細(公式)&視聴はこちら



OPとEDのピアノはこっちに入ってるんだそうだ
なんて商売上手

あぁ・・・買ってしまう・・・


 →「のだめDEBUT!」詳細(公式)はこちら





はぁ、終わってしまった・・・

でも最高に贅沢な時間でした

終わってしまった・・・

でもいいんだ、


24巻が来週発売されるから




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:のだめカンタービレ最終楽章 映画 邦画 のだめカンタービレ 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2010年04月19日 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akira198x.blog28.fc2.com/tb.php/10-70c0b8f8

TRACKBACK(ありがとうございます♪ 言及リンクはおかまいなく・・・)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。