メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --年--月--日 --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

グーグーだって猫である

グーグーだって猫である 」(2008年 監督:犬童一心 原作:大島弓子)
俺:27歳

   大島弓子 さんの 漫画エッセイ を映画化

  < ストーリー
  漫画家「小島麻子」さんの飼い猫「サバ」が死んだ。
  途方に暮れる麻子さん・・・。なーんにも手に付かない麻子さん。
  そんな麻子さんがペットショップで出会った
  アメリカンショートヘアの「グーグー」。
  麻子さんとグーグーの楽しい日々が始まった

   出演者: 小泉今日子 森三中 加瀬亮 林直次郎 上野樹里





アシスタントの3人娘(=森三中) 上野樹里 がかなり良い味出してます
もちろん麻子さん役の 小泉今日子 さんも
そして忘れてはいけないのが「 グーグー 」役 アメショー

もうめっちゃ かわえぇぇ
コマ毎に違う猫 でも 許せちゃう かわいさっっ
もうアメショー はやっぱ最高

そして、この映画の 隠れた魅力 吉祥寺の魅力 でしょう
井の頭公園 飲み屋 三鷹に至る街並み ・・・とほーんと、吉祥寺は良い街だぁ
さすが、 住みたい街ベスト3 にランクインするだけのことはある
俺も 吉祥寺 住みたかったなぁ~

それでは皆さん、 猫と街 を堪能して下さい






にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  

キーワード:グーグーだって猫である 映画 邦画 

| .2006年-2010年 ●邦画 | 2009年08月29日 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akira198x.blog28.fc2.com/tb.php/156-f564f6d7

TRACKBACK(ありがとうございます♪ 言及リンクはおかまいなく・・・)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。