メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --年--月--日 --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

SEX AND THE CITY 2 感想

SEX AND THE CITY 2(2010年06月04日公開 監督・脚本:マイケル・パトリック・キング )
俺:29歳

iconicon

観てきましたぁ

酷評されてるほど、ひどくないし、
ドラマファンとしてめっさ楽しめました

前回の映画より全然ドラマっぽいと感じました

→映画「セックス・アンド・ザ・シティ2」公式サイトはこちら


何度も言いますが、
ファンは4人を観にいくんだ

→前回記事「Sex and the Cityのサントラ」はこちら

っつーわけで、

以下、ストーリーなど

※ちょいちょいネタばれありっす




ストーリー
まず、前回の映画版から2年後後が舞台でした。

キャリーは手放したペントハウスの一階下にビックと住んでるみたい。
ゴージャスビックはすっかりキャリーと過ごす自宅での時間がお気に入りのようで、
あんまり外に出かけなくなってしまった・・・
それにちょっぴり不満なキャリー。

シャーロットの悩みはかわいいんだけど泣きっぱなしぐずりっぱなしの次女。
巨乳のベビーシッターの存在に助かっているものの、サマンサのひやかしで、
ハリーとベビーシッターの仲を心配する。

順風満帆なミランダ。
でも仕事で新たな悩みが。新しい上司がミランダの意見を聞いてくれない。
「女は口をはさむな」的上司の攻撃にうんざり。

そんな時、サマンサがスミスの映画のプレミアに出席。
そこで映画のプロデューサーが、「スミスを有名にしたように、うちのホテルも有名にして欲しい」と、
サマンサをアラブ首長国連邦のアブダビに招待する。

飛行機代もホテル代もぜーんぶタダかつお友達も一緒に、
を条件にサマンサは仕事を受け、4人でアブダビに旅立つのでした。




いやぁ、アブダビ行きの飛行機がすげぇ
全部個室のファーストクラスってなんだそりゃぁ
おまけにホテルは一泊220万円の超ゴージャスホテル
一人一人にボーイがつく始末
(庶民の俺は絶対やだ・・・)

そうだったそうだった、彼女らはセレブ階級なんだった
ニューヨークの一般人とは違うのよねぇ

そして4人はアブダビでの一週間を満喫するのでした
(諸事情により、一週間いられなかったんだけどね それは内緒

サマンサはイイ男見つけ、
ミランダシャーロットは子持ち組として悩みや本音を酒の力でぶちまけあった。
そしてキャリーは・・・なんとアブダビの市場で元彼エイダンと再会。

今回、浮気騒動はてっきりビックなんだと思ってたんだけど、
(だってペネロペ・クルスとか出るっつってたし・・・)
違かったよ・・・

でもホント、おもしろかった。
特に、アラブの女性についての描写が興味深かった
(どのへんまで厳密なんんだか全くわからんが

今回は前回と違って、4人の話の他に確実にテーマがあったと思う。
4人で歌ってた「私は女
そう、たぶんこれが今回のテーマなんだろうな
うまく言えないけど、これはたぶんドラマ→前回映画→今回映画って観ないと重みがわからんと思う
ましてや地上波で放送されたカットだらけのMOVIEⅠを観ただけでは良さは伝わらない
今回も色んな意味で、サントラが欲しくなりました

では最後に、
今回の映画版で驚くべき事象がおこりました

それは絶対無いだろう と思ってたことなのでかなり驚きました

内緒ですが、まぁ素敵な結婚式でした




にほんブログ村 映画ブログへ  
ランキング参加中  


iconicon iconicon

キーワード:SATC 映画 洋画 海外ドラマ 

| .2006年-2010年 ●洋画 | 2010年07月01日 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akira198x.blog28.fc2.com/tb.php/303-7b344f04

TRACKBACK(ありがとうございます♪ 言及リンクはおかまいなく・・・)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。