メディノービス

198X年生まれのメディノービスがふれてきたアニメ・映画・ドラマ・本・音楽etc...を激甘に語るブログ♪             最大の目標は年表作成★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --年--月--日 --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ ブログパーツ

≫ EDIT

八日目の蝉

八日目の蝉( 2010年03月30日~2010年05月04日 脚本:浅野妙子 原作:角田光代 )
俺:29歳

icon
icon

既に終了してしまったのですが、このドラマは見ごたえがありました

NHK全6回放送でしたが、おもしろかった


内容は、

上司と不倫をしている女性(檀れい)が不倫相手の子供を妊娠するところからはじまります。
檀さんは産みたい・・・けど、不倫相手は今回はあきらめてくれって言います。
今は奥さんと離婚の話し合いをしているから、すんなり別れるためにも妊娠してるとかは、
マズイと・・・

檀さんは泣く泣くお腹の子をあきらめるんです。
ところがどっこい、なんと不倫相手の奥さんが妊娠中だったのですよ。
おまけに奥さんは檀さんと夫との関係も知っていて、檀さんを呼び出します。

「自分の子を平気で掻き出すがらんどうのような女」なんて罵倒され、嫌がらせされ・・・

数ヵ月後、檀さんは意識朦朧の中不倫相手の家を訪ねます。
留守をねらって忍びこみ、生れたばかりの赤ちゃんの首に手をかけるのでした・・・

赤ちゃんの泣き声に躊躇し、我にかえった檀さん。
檀さんに微笑みかける赤ちゃん。

檀さんは決意します。
「この子のためだけに生きてゆこう」と。

こうして檀さんは赤ちゃんを連れて逃亡するのでした・・・




ついね、どうなるのどうなるのって気持ちにさせられるんですよ

ホントによくできてた

結局何が言いたいのかわかんないっていう感想をお持ちの方もいるようですが、

私は角田光代さんらしさを損なわずうまくまとめられたドラマだったなぁと思います

また檀れいさんがすごく綺麗なんですよね
(サントリーの「金麦」のCMの人ね)

切ない感じを残しつつ、それでも生きてかなきゃなぁっていう感じと言いますか、

そんなよーな余韻が残るドラマでした

→公式サイトはこちら




ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中  

キーワード:八日目の蝉 ドラマ 小説 

| .2006年-2010年 ●ドラマ | 2010年05月11日 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ ブログパーツ

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akira198x.blog28.fc2.com/tb.php/41-75167c2c

TRACKBACK(ありがとうございます♪ 言及リンクはおかまいなく・・・)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。